麻布十番ポーカーカップについて

麻布十番ポーカーカップについて

麻布十番ポーカーカップは、10年に渡り誰でも参加できるフリーロールとして国内で最大規模を誇るトーナメントであったAJPCが今年から、(インターネット予選を除き)推薦や予選による権利が必要なトーナメントに、その方式を大幅に変更したことを機に、7年に渡って「あれ?これって同じになるんじゃね?」と思い温め続けて若干忘れていた本企画を開催するに至りました。

日本ではすでにアミューズメントポーカーが飛躍的な成長とともに全国で様々な規模の店舗、団体、サークル活動などが積極的に開催されており、成長が加速すると共に一昔と比べると海外トーナメントサポートという名目のもとに多くのプレイヤーに海外で挑戦するチャンスが提供され続けています。

一方で、関東圏ではトーナメント参加費の高騰も激しく、数年前に参加費1万円以上のトーナメントは月に1本もなかったものが、今や週末は毎週しかも複数箇所で1万円を超えるトーナメントが開かれるようになりました。これが良いことかは分かりませんが、そこにニーズがあり、正しい形で運営されているのであれば注目の証でもあり、さらなる発展の礎になればと思っています。

しかし、私達はアミューズメントの原点に立ち戻り、低価格で誰でも気軽に参加でき、楽しむことのできるトーナメントの開催を目指しつつ、出オチ感を前面にした本企画を通じて、あらためて「アミューズメントポーカーとは」という意義を見出したいとそれっぽいことを書いていますが、ようはポーカートーナメントの企画ページです。

麻布十番ポーカーカップ2019

主催:AZB10・麻布十番ポーカーカップ実行委員会

後援:聖地ポーカーズ・GAPTOKYO

特別トーナメントディレクター:Hatter

オフィシャルフォトグラファー:teshi